ウーマン

波が激しい投資でも家賃保証があれば安心!

貸主のリスク軽減のために

男女

家賃滞納の負担を軽減

不動産投資の中でも知られているのがマンションなどの賃貸住宅運営です。家賃収入が毎月安定的に得られますし、管理を徹底していれば借主が途切れるリスクも軽減できます。ただ、こうした家賃収入において負担になるのが借主側の家賃滞納です。のっぴきならない理由によって家賃の滞納が行った場合、本来であれば連帯保証人にその立て替えを依頼する事になります。とはいえ、運営側としてはこうした手間はできるだけ避けたいところです。そこで昨今注目されているのが家賃債務保証会社です。家賃債務保証とは保証金を事前に支払うことで借主が家賃滞納した場合でもその金額を保証して立て替えてくれるというものです。借主からすれば親族や知人に連帯保証人になってほしいと依頼しなくても良くなりますし、核家族化が進む昨今では需要はどんどん高まっています。そして、貸主側からすれば、家賃滞納のリスクが軽減できるだけでなく、その際の面倒な手続きや支払いの催促をすべてお任せすることができます。こうした家賃債務保証会社は賃貸物件の契約時に借主が自ら提示できる場合もありますが、多くは仲介業者、貸主側からの提示によって決められます。利用する家賃債務保証会社によって具体的な保証料、そして契約時に必要な審査の内容が大きく変わってくるため、その内容についてはしっかり吟味していきましょう。審査の際、職業や収入の内容を提示するだけのところがあれば、何かしらの証明書を添付しなければいけないところもあるため、そういった面も会社選びには考慮する必要がるのです。