ウーマン

波が激しい投資でも家賃保証があれば安心!

マンション経営において

アパート

管理会社に委託するべきか

マンション経営を行う上で、マンション管理業務内容は多岐に渡りますが、どのような管理業務があるでしょうか。大きくわけてこれら業務は、事務管理と建物管理の二つです。一つ目の事務管理とは、会計業務とマンション管理組合の総会や理事会の事務的業務に関するものです。会計業務は家賃の入金管理だけでなく、管理組合の会計処理なども含まれます。また、例えばマンションの共同スペースの修繕費用の予算なども会計業務です。会計とは少し離れますが、家賃の管理とうことであれば、家賃未納があった場合の回収も管理業務の一つです。これら事務的管理は、慣れてしまえばマンションオーナー自らできるでしょう。特に部屋数が少ないマンションの場合はマンション管理会社に委託せず自分で行うオーナーも少なくありません。二つ目に建物管理業務についてです。建物に関する管理は場合によっては24時間対応する必要があるため、オーナー一人で管理するのは大変かも知れません。マンションの設備は様々です。エレベーター、オートロックなどの設備点検は定期的に行う必要があります。また消防点検も定期的に行う義務があります。設備点検だけでなく、ごみ捨て場や階段、廊下などの共同利用スペースの清掃も定期的に行います。これらに加えて、入居者同士のトラブルやクレーム処理なども、必要に応じて対応しなければなりません。当人同士で解決すべき問題も、オーナーに話がくる場合も少なからずあるようです。このようにマンション管理は、数多くの業務内容があります。オーナー自ら扱えるならば、その方が経費は削減出来ます。しかし管理会社に委託すると、これまでに述べた管理内容を任せることができますので、どちらが良いか考慮する必要があります。