貯金箱

波が激しい投資でも家賃保証があれば安心!

貸主のリスク軽減のために

賃貸物件において借主の家賃滞納によるリスクを軽減する方法として家賃債務保証が挙げられます。借主に代わって家賃債務保証会社がその立て替えをしてくれるわけですが、返済の催促やその他手続き等の負担も軽減できるため貸主にも相応のメリットがあります。

安定した収益の確保方法

女性

収益低下を防げる保証制度

不動産経営を行う上で最も心配なのは入居者が見つからず、家賃収入が得られないという空室リスクです。また入居者が見つかった場合でも、市場競争が激しく賃料の値下げを余儀なくされてしまうリスクもあります。こうしたリスクを担保する方法として有効なのが家賃保証制度です。家賃保証制度は、保証会社が不動産オーナーに対して最低限の家賃を保証するというものです。例えば家賃保証で設定された賃料が10万円だとすると、仮に不動産市場が悪化して8万円でしか新規入居者が見つからない場合でも、保証会社が差額の2万円を補填してくれるというものです。従って、家賃保証制度を利用すれば、不動産オーナーは保有物件が空室であろうがなかろうが、また家賃水準がどれぐらいであろうがあらかじめ決められた家賃を安定的に享受する事が可能となります。当然、保証制度は無料で利用できるわけではなく、保証会社に対して一定の保証料を支払う必要はあります。そのため、制度を利用しない場合に比べるとトータル収益は低くなる可能性がありますが、それでもダウンサイドリスクを無くす事ができるので多くの不動産オーナーによって利用されています。また、不動産オーナーの中には家賃保証に必要となるコストを入居者に転嫁しているオーナーもいます。人気が高い物件だからこそ出来ることではありますが、入居者へのコスト転嫁が出来れば不動産オーナーは費用を負担することなく保証制度を利用することが出来るのです。

マンション経営において

マンション管理業務には、事務的管理と建物管理に大きく分けられます。会計業務、管理組合の総会、理事会運営などが事務的管理です。建物管理は清掃や設備点検、消防点検などがあります。経費削減のためとオーナー自ら管理するか、管理会社に委託するかは、業務内容を考慮した上で決めましょう。

様々なチャンスを

不動産投資はキャッシュフローのコントロールが大切です。毎月のコストを上手く調節することで、キュッシュフローをプラスに保つこともできます。不動産投資のリスクに対応するには、不動産に関する保険などの活用も大切です。